LinkStationファームウェアがアップデートできない時の対処方法

以前の「NAS Navigator2に接続できなくなった場合の対処方法」の続きとなります。

恐らく、この初期設定が私の場合インターネット環境を変えたことで合わなくなり不具合を起こしたのではないかと思うのですが、、
その証拠に初期化で問題なく接続できて今では調子が良いです。

 
ちなみに、私のLS-VLシリーズが古かったせいなのか、ファームウェアをサイトからインストールして試してもアップデートが上手くできませんでした。
IPアドレスが異なっていた為なのかもしれませんが…

 

その対処方法として、初期化後にNAS Navigator2に表示されているアイコンの上で、
右クリック→プロパティを選択し、IPアドレスのタブを選び、「IPアドレスを再度取得する」を実行します。
パスワードを聞かれると思うので、何も設定していない方はデフォルトの「password」を入れましょう。

 
すると、ブラウザよりLinkStationのネットワークに関するログイン画面が開きます。(私は開きました。もしかするとお使いの製品やバージョンなどによっては違うかもしれません)
こちらも設定などに見覚えがない方は、パスワードは「password」、ユーザー名は「admin」といれるとおそらくログインができるはずです。

linkstation-img
問題なくログインできれば、ファームウェアを最新のものにアップデートできる項目があるので、
そちらから、バッファローサイトから余計なものをダウンロード等しなくても、アップデートを完了することができます。
ファームウェアが最新のものになれば、LinkStationアイコンのお知らせ表示も消えますし、本体のオレンジ系のランプ色も正常な青色に戻ると思います。

 
もし同じような環境で困っている方がおられたら参考までにして頂けたら幸いです。

※初期化する際は、念のため十分に注意を払って行うことをおすすめします。
不安な方は、バッファローのホームページ等にも案内がされていると思うので一度目を通しておくと良いですよ。