目線を変えてホームページ作成代行のビジネスを副業で行う方法

wixホームページ作成イメージ

近年当たり前のようにホームページやウェブページがビジネスとして活用されており、需要が高まっていることが手に取るようにわかります。
そして必然的に、ホームページ作成代行を考えるユーザーが増えてきています。

身近なところにビジネスチャンスは転がっている

身近なビジネスチャンス

そこで注目してほしいのがホームページ作成代行というお仕事です。
パソコンとネット環境、デザインスキルやそれに関連するツール等があれば、場所を選ばずどこでも仕事ができるところがメリットです。

知って得するホームページ作成ツール

ホームページ作成ツールは色々とありますが、ドラッグアンドドロップで簡単にホームページが作れるツールをご存知ですか?
Wixのホームページ作成ではそれが実現可能です。しかもスマホにも最適化された本格的なホームページが作成できます。
ホームページ作成ツールもここまできたか!って感じですよね。

wixホームページ作成イメージ

こういった便利なツールを使うことで、html知識がなくてもすぐに副業としてウェブデザイナー・ホームページ作成をすることができるので有り難い。
現にデザイン感性やスキルを持っているけど、プログラミング(html知識等)が苦手な写真家さんやグラフィックデザイナーさん達の中でも使われているようです。

ホームページ作成代行に必要なものとは?

ホームページ作成に必要なもの

ホームページ作成代行を始めるにあたって必要なものとはなんでしょう。
一番は「やる気」。コレに尽きると思いますが、前述でも少しふれましたが主に以下のものが必要です。

  • パソコン
  • インターネット環境
  • デザインツール
  • 集客のためのサイト

など

パソコン

パソコンはできるだけスペックの良いものを選ぶことをおすすめします。
ホームページ作成をする場合、様々なツールを同時に起動させることが多いです。
その為、低スペックのものだと起動が重くなったりフリーズしてしまうなどが起きてしまいます。

またOSですが、Windows10には気をつけたいところです。(16/6月現在)
デザインツールやソフトによっては、互換性がないものもあり正常に動作しないことがあります。
せっかく買ったのに動かない…なんてオチにならないように、気をつけましょう。
ただ、これらの問題も時間が経つにつれて解決されると思います。

ちなみに私はWindows10にアップロードせず、Windows7の環境下の元、作成をしています。

インターネット環境

インターネット環境はもちろん「光回線」ですね。
例えば、簡単で便利なモバイルWi-Fiルーターなどがありますが地域によっては速度が遅かったり、
また月ごとにデータ量などが制限されていたりするので、ちょっと気がひけるところです。
私も実際に利用していたことがありますが、やはり速度と安定性からいって回線を引いたほうが長い目で見た時に良いと思います。

デザインツール

デザインツールはさまざまなものが存在します。
代表的なものであれば、アドビソフトが有名どころです。
アドビ(Adobe)ソフトの中でも、ホームページ作成で押さえておきたいのが、PhotoshopとDreamweaverです。

デザインツール

Photoshop(フォトショップ)は、主にデザインに関することができます。
例えば、画像を補正したり加工したり、バナーを作成したり、ボタンを作ったり。

Dreamweaver(ドリームウィーバー)は、主にプログラミングに関することができます。
例えば、htmlやcssなどを使いホームページを構築する感じです。

言葉だけだと難しく感じるかもしれませんが、簡単に例えるならホームページのレイアウトを整えるといったところでしょうか。

ちなみに、Photoshopは単体のプランだと月額約2,000~3,000円くらいします。
体験版があるので気になる方はチェックしてみて下さい。
「Photoshop 体験版」などで検索すれば出てきます。

また、画像処理ソフトで無料のものもあります。

Pixlr Editor
「Pixlr Editor」

こいつの良いところはインストール不要という点です。
ページにアクセスしブラウザ上で画像の加工等が行えます。

他にも色々とデザインツールはありますので、自分に合う使いやすいものを選ぶと良いと思います。
なんだか色々とよくわからないことだらけで難しそう…
という方はWixを使えばプログラミングもデザインもすることなく、ホームページを作ることができます。
ただ、オリジナルのデザインなどをする場合は、画像編集ソフトは必須かもしれませんね。

集客のためのサイト

ホームページ作成代行をビジネスとしておこなうにしても、クライアントがいなければ話になりません。
あなたがホームページ作成代行の仕事をする上で、どんなサービスを提供するのか、作成を受ける上で伝えておくべき情報、あるいは人柄などを、
自身のホームページに”お客様を呼び込み”伝える必要があります。

要は「インターネットを通してホームページが欲しい人達にあなたが制作代行していることを知ってもらう為のサイト」というわけですね。

ウェブデザインのトレンドも大切

ファッションに流行りがあるように、ホームページにも流行りがあります。
特にウェブの世界は移り変わりが激しいので、あまりに古いデザインをクライアントに提案した場合、不信感をもたれてしまうかも。
そうならない為にもWebデザイントレンドはこまめにチェックし、
案件や状況に応じて取り入れていく必要があると思います。

目線を変えて勝てる土俵で。

近年ホームページ作成代行のビジネスの敷居が低くなったと言っても、
プロの制作会社さん達がいますから、そう簡単に仕事として成り立つかというと厳しい面もあると思います。
ましてや副業の場合、時間も限られていますから中々融通が利かないでしょう。

勝てる土俵でビジネスをする

ではどうすれば良いのか。
インターネットという広い世界で勝負せず、逆に地域密着型としてビジネスを展開するのです。
何のビジネスでも信頼と実績はついてまわります。
その部分を埋めていくためにもまずは地域密着でホームページ作成代行を行っていくと良いと思います。

ホームページ作成代行を低価格で受けれる仕組みづくり

通常、ホームページをイチから作ろうとするとデザイン料や企画構成料、コーディング料など、さまざまな費用が発生します。
その為、制作会社さんでお願いする場合、数百万円~安くても数十万円はくだらないでしょう。

Wixを活用することで、ホームページ制作代行を低価格にてお客様に提供することができます。
実際にWixを使って一案件あたり10万円前後でビジネスをされている方も多いようです。

また特徴のひとつとして、wixではホームページのデザインテンプレートが用意されており、その数なんと500以上もあります。
これだけの数があればクライアントにも提案しやすいですし、希望にマッチしたホームページ作成が実現できそうです。

ホームページ作成代行は作って終わりではありません。
ホームページは定期的にメンテナンスが必要です。
単発の収益だけでなく、コンスタントに収益を得られるビジネスでもありますから、起動に乗れば副業から本業へなりえる可能性も秘めています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、副業でもチャレンジできる「ホームページ作成代行」のビジネスをする上で、必要となる知識やツールなどをご紹介しました。

以前、学校の授業でホームページを作ったことがある、知り合いのホームページをちょっと手伝っていた、なんて経験をお持ちの方ならチャレンジしやすいネットビジネスだと思います。

またそうでない人も、便利なツールなどを利用することでホームページを簡単に作れる時代ですので、状況や使いようによっては立派なビジネスになりえます。

wixホームページ作成イメージ

WPテンプレート付
今の給料で満足されていますか?

自宅で稼ぐならアフィリエイト。リスクがないので副業としてもおすすめです!初心者の人~中級者の人まで稼ぐ為の知識が詰まっています。サイトアフィリエイトをやるなら必ず押さえておきたい教科書です。