Google AnalyticsでIPが変わる自分のアクセスを除外する方法

Google AnalyticsでIPが変わる自分のアクセスを除外




Google Analyticsで、自身の固定IPのアクセス除外方法は知っているけど、IPが動的に変わってしまう場合の除外方法を知りたい。
という方向けにお話しています。

モバイルWi-Fiなどを使っている場合

モバイルWi-Fiなどを使っている場合、IPアドレスが固定されないため、通常の方法でGoogle Analyticsのアクセスを除外することが難しいです。

僕は、格安モバイルWi-Fiを使っているのですが、ON・OFFする度に、IPが自動的に変わってしまい、どうしたら良いか悩んでいました。
今回その解決方法を見つけたのでシェアしたいと思います。

Googleアナリティクス オプトアウトアドオン

いくつか方法はありそうですが、僕が取り入れやすいと思ったのが、「Googleアナリティクス オプトアウトアドオン」です。

どういうものかというと、Googleアナリティクス JavaScript(ga.js、analytics.js、dc.js)によるデータの使用をウェブサイトのユーザーが無効にできるようにGoogleにより開発された機能です。

ちなみに、Chrome、Internet Explorer 11、Safari、Firefox、Opera で利用することができます。

※残念ながら、タブレットやスマホには対応していません

Googleアナリティクス オプトアウトアドオンで除外する方法

まず、普段使っているブラウザから「Googleアナリティクス オプトアウトアドオン」のダウンロードページにアクセスし、アドオンをダウンロードします。(以下はGoogle Chromeの例です)

Google Chromeの場合

Googleアナリティクス オプトアウトアドオン

右上にある「「CHROMEに追加」をクリックします。

Google アナリティクス オプトアウト アドオンの追加

これで完了です。
アドオンを追加すると、アドレスバーの右あたりに、以下イメージの赤枠エリアのようなアイコンが表示されます。

アイコンが表示される

Firefoxの場合

Firefoxの場合、許可しているのにも関わらず、どうも上手くアドオンの追加ができませんでした。

FirefoxでGoogle アナリティクス オプトアウト アドオンの追加

接続エラーのため、アドオンをダウンロードできませんでした。

色々調べてみたのですが、なかなか上手くできず参りましたが、結果以下の方法で対応しました。

ユーザーエージェント(UserAgent)の仕組みを活用

ユーザーエージェント(UserAgent)とは、簡単にいうとウェブサイトに訪問する際に、”どんな環境でアクセスしているか”の利用者情報のことを言います。

例えば、ウェブサイトをGoogle Chromeで開いている際には、「Google Chromeからアクセスしてます」という情報を送っていることになります。

この仕組みを利用して、Firefox用のアドオンをインストールします。

デベロッパーツールを開く

まず、Google ChromeからF12キーを押して「デベロッパーツール」を開き、右上のメニューボタンから、「More tools」→「Network conditions」を開きます。

Google Chromeのデベロッパーツール画面

「Network conditions」でユーザーエージェントを変更できるので、“Select automatically” のチェックを外し、プルダウンメニューから「FirefoxーWindows」を選択します。
※プルダウンメニューから選択するものは、お使いのOSによって異なります。

Network conditionsでユーザーエージェントを変更

選択したら、F5キーなどでページを更新します。
見た目上は何も変わりませんが、これでFirefox(実際にはGoogle Chrome)からウェブサイトを訪問している状態になります。

Firefoxとしてアドオンをダウンロード

Googleアナリティクス オプトアウトアドオン」のダウンロードページにアクセスし、アドオンをダウンロードします。
Firefox 用の画面が表示されるので、追加利用規約を確認して「同意してインストール」をクリックします。

FirefoxからのGoogle アナリティクス オプトアウト アドオンをダウンロード

インストールが完了すると、以下のファイルがダウンロードできます。

gaoptoutaddon_1.0.8.xpi

僕の場合は、gaoptoutaddon_1.0.8.xpiでした。
タイミングによっては、ファイル名が異なるかもしれません。

Firefoxにドラッグ&ドロップ

最後に、Firefoxのウィンドウを開き、ダウンロードしたファイルをドラッグ&ドロップすると、以下のような追加画面が表示されるので、追加します。

FirefoxにGoogleアナリティクス オプトアウトアドオン追加

これで完了です。
ちなみに、僕の場合、OS:Windows7、Firefoxのバージョンは67.0(この時は最新)でした。

Firefoxにアドオンが追加されているか確認

アドオンがしっかり追加されているか確認する場合は、まず以下の手順でアドオンを開きます。

Firefoxアドオン画面

その後、拡張機能の管理で「Google Analytics オプトアウトアドオン(by Google)」が表示されていれば問題なく追加されています。
(無効化する場合は、「無効化ボタン」をクリックですね)

Firefox拡張機能の管理

最後に

僕の場合、メインで使うブラウザがGoogle ChromeとFirefoxということで、今回その他のブラウザは解説していませんが、アドオンが上手くインストールできなかったら、ユーザーエージェントの方法で追加することができるのではないかと思い、備忘録も含めまとめてみました。

少しでもお役に立てれば幸いです。

人気FUJI Wifiを契約してマジか!?と心配になったこと。あなたは大丈夫?







Google AnalyticsでIPが変わる自分のアクセスを除外

ABOUTこの記事をかいた人

フクロウ

個人事業主(フリーランス)30代のマヌケで身体が弱い男。
主にWEBデザインやECサイトのアドバイザー、集客のお手伝い、ブロガー、マーケターとして活動中。
最近の悩みは昼夜逆転していること。