WordPressおすすめテーマ(テンプレート)とは?




WordPress(ワードプレス)のテーマ(テンプレート)って、沢山あってよくわからない・・無料と有料のものがあるけど、どっちが良いの?初心者でもわかるように選びやすくしてほしい。。
そんな疑問にお答えすべく、おすすめのWordPressテーマをプロの目線でまとめてみました。

フクロウ
ホームページ制作などを日頃からおこなっている傍ら、WordPressテーマに触れる機会も多いです。今回は気になったテーマを厳選してまとめています。

WordPressテーマの選び方/初心者の方

WordPressのテーマを調べると、沢山の情報やテンプレートが出てきます。
いっぱいあって迷いますよね。
「使いやすさ」「機能性」「サポート」など色々考えたらキリがありませんが、どうしても迷ったら以下のポイントに絞ると良いかと思います。

テーマを選ぶポイント
  • どんな用途で使うのか
  • どんなデザインにしたいのか

特に初心者の方で、WEBの知識に詳しくない方は、シンプルにこの2つを基準とし考えて良いのかなって思ってます。

SEOに強いテーマなどもあるかと思いますが、そこまでどのテーマ(有料版)もあまり差はないと思います。
沢山のWordPressテーマ販売者がいる中で、そこを怠っては売れないからです。

SEO対策にはやはりコンテンツ(中身)が大事になってくるので、テーマで決まってくるというよりは、サイトをどう運営していくかで決まってきます。

無料と有料どっちが良いの?

用途とデザイン性がマッチしていれば、どちらでも構いません。
強いて言うなら、有料テーマのほうが機能性は優れているものも多いですし、サポート付きなどのテーマも存在するので、予算に都合がつく人は有料をおすすめします。

WordPressテーマまとめ

ここからは僕がおすすめするWordPressテーマ(テンプレート)をご紹介します。

有料テーマ

まずは有料のテーマから。
初めからより良い機能やデザインを取り入れたい方は、チェックしてみてください。

 

THE・THOR(ザ・トール)

国内トップクラスのWEBデザイナー、SEOコンサルタントであるFITが販売している「THE・THOR(ザ・トール)」というWordPressテーマです。

デザイン性、機能性ともに高く、SEOに強いテーマと自負されているので、ぜひ使ってみたいテンプレートです。

 

カテゴリごとの最新記事が表示できるところも機能性が高いと思いますし、僕が一番気になったのは、サイト内検索が複数のワードから絞れるところです。

あまりこういった機能は見かけません。(今後増えてくるかも)
ブログなどを長期間運営していると、記事が自然と増えてきますから、ユーザーにどう目的の記事に到達してもらうかは考慮する必要があります。

そういった意味では、ひとつの策として上記のような複数のワードで検索が絞れる機能は魅力的です。
ポータルサイト等でも使えるかもしれませんね。

ポイント
  • デザイン性が高い
  • 機能性が高い
  • SEOに強い
使用用途 ブログ、メディア
価格 14,800円~

 

OPENCAGE(オープンケージ)

WordPressテーマを販売している「OPENCAGE(オープンケージ)」です。
モバイルファーストというように、スマホでも見やすい作りになっています。

テーマも何種類か販売されており、それぞれが違った雰囲気のあるデザインに仕上がっています。
色の使い方が絶妙ですよね。販売者さんのセンスが感じられます。

 

主にブロガー用に作られていますが、中には普通のホームページ用としても使用できそうなテーマもあります。
けっこう使い勝手の良いWordPressテーマだと思います。

初心者さん向けにマニュアルページも充実しているので、わからないことや疑問に思ったことも解決しやすいです。

ポイント
  • 初心者でも使いやすい
  • スマホからでも見やすい
  • デザイン性が高い
使用用途 ブログ、メディア、ホームページ
価格 7,980円~

 

AFFINGER5

主にアフィリエイター向けに作られている「AFFINGER5」というテーマです。
といっても機能が豊富なので、見せ方によっては会社ホームページなどのサイトでも使用できます。

アフィリエイトサイト向けに、用意されている機能は多く、例えばランキング機能などがそのひとつです。

 

 

以下の「バナー風ボタン作成機能」も便利です。
下記のようなバナーが、ツール等使用しなくても、管理画面内だけで作成できます。

 

また、僕が個人的に良いな~と思ったのが「ガイドメニュー」と「投稿記事ごとのhead出力」機能です。

サイトやブログを運営していると、「ここから見てほしい・案内したい」という場合がありますが、ガイドメニューを使うことで効率的に行なえます。

 

また、これは少しカスタマイズしたい人向けの機能になるかもしれませんが、「投稿記事ごとのhead出力」機能です。

その記事だけに個別のコードを入れたい時やページをカスタマイズしたい時などに役立ちそう。かゆいところに手が届くといった感じでしょうか。

ポイント
  • アフィリエイトサイトに強い
  • ランキング機能付き
  • 機能が多彩
使用用途 アフィリエイトサイト、ブログ、ホームページ
価格 14,800円~

 

無料テーマ

続いてWordPress無料テーマのご紹介をします。
無料はテーマは有料には劣りますが、それでも使いやすくて機能性もあるテーマがあります。

 

Cocoon(コクーン)

無料のテーマもいくつかありますが、中でも便利な機能が充実しているのが「Cocoon(コクーン)」です。

もともと、Simplicityという無料テーマがあり、それの後継となるのが「Cocoon(コクーン)」です。
どちらも使いやすいですが、Cocoon(コクーン)のほうが機能がより充実しています。

なんといっても開発者のわいひらさんの人柄が個人的には好きです。
記事内容や説明も丁寧なんですよね。

デザイン自体のベースはシンプルなものなので、カスタマイズしたい人に向いているかもしれません。

使用用途 ブログ、ホームページ
価格 無料

 

Lightning

「Lightning」は、WordPress公式ディレクトリに登録されているテーマなので、信頼性も高く、WordPressの管理画面からも無料で簡単にインストールできるところが特徴です。

WordPress公式ディレクトリに登録されるには、厳しいチェックを通過しないといけません。

デザインはシンプルなものになり、主にビジネスサイト向きのテーマとなります。
そのため、会社のホームページや企業サイト、コーポレートサイトなどで使われている場合も多いです。

また、プラグイン「VK All in One Expansion Unit」を使えば、更に機能の拡張ができて便利です。Lightningを使うならこのプラグインは必須かもしれませんね。

使用用途 ホームページ、ブログ
価格 無料

 

まとめ

今回は、おすすめのWordPressテーマ(テンプレート)のご紹介をさせていただきました。

沢山あるテーマから、かなり絞り厳選してご紹介したので、選びやすくなっているかと思います。
迷われている方は、ぜひ一度すべてのテーマに目を通していただき吟味してみてください。

どんなWordPressテーマを選ぶかによっても、ブログやホームページのデザインはもちろんのこと、運営面での効率化、何より楽しめるかどうかが変わってくると思います。







ABOUTこの記事をかいた人

フクロウ

個人事業主(フリーランス)30代のマヌケで身体が弱い男。
主にWEBデザインやECサイトのアドバイザー、集客のお手伝い、ブロガー、マーケターとして活動中。
最近の悩みは昼夜逆転していること。