潰瘍性大腸炎の合併症。凄く憂鬱です。上手にお付き合いできるだろうか。

潰瘍性大腸炎 合併症




僕は潰瘍性大腸炎です。約5年の付き合いになります。まだまだ新米ですね。。
ここ最近、目の調子が悪く、合併症の関係ではないか?という疑いを持ち始めました。
その経緯だったり、これまで合併症が起こってしまった症状について書いています。

潰瘍性大腸炎の合併症とは?

潰瘍性大腸炎になってしまうと、主な症状のほかに以下のような合併症があります。

■腸管合併症 …いずれも手術を必要とする重篤なものです。

  • 腸管の大量出血
  • 腸管の狭窄(腸管が狭くなる)、穿孔(腸管に穴があく)
  • 中毒性巨大結腸症…大腸の動きが止まってガスなどが溜まり、腸がふくらんで巨大化して中毒様症状が現れる。

 

■腸管外合併症 …症状が全身に現れます。

腸管外合併症

出典:http://www.mochida.co.jp/believeucan/learn/03.html

合併症のことは聞いていましたし、「はじめて学ぶUC」という冊子の中にも書いてあったので知っていましたが、改めて考えると、これほど多くの合併症になる可能性があるというのは、とても怖いし憂鬱です。
UC…潰瘍性大腸炎(Ulcerative Colitis)

これまでになった合併症

僕がこれまでに現れたと思われる合併症は、以下の通りです。

僕が出てしまった症状
  • 胆石
  • 尿管結石
  • 関節炎(膝)
  • 結膜炎

胆石については、ずーっと悩まされており食べる物によっては、すぐに痛くなってしまいます。
痛いと寝れないしシンドイ。
【関連記事】胆石の治療薬ウルソを3年の期間続けてみた効果と裏話

関節炎は、合併症の中で比較的多いようですが、僕の場合は膝が痛いときが多々あり、歩くのがシンドイ時があります。

尿管結石は最悪です。
ブログでは言い表せないほど、痛みが伴い痛すぎて何度も吐きそうになり、石が出てくるまで時間がかかったのもシンドかったです。
今は落ち着いていますが、一度なってしまうと再発もありうるということで、心配。

最後に、眼症状です。
これについては最近になり気になったもので、今回メインでお話する内容となります。
以降にて続きをどうぞ。

目を酷使している日々

僕は日頃からパソコンを使う仕事をしており、目を酷使しています。
そのため、日によっては多少痛いときもあるし、充血しているときだってあります。
しかし、最近なんだか微妙に違和感を感じるようになりました。

目がゴロゴロするというか、目ヤニが出やすいというか、、朝起きて少しの間は特に目ヤニが広がっているような、薄い膜のようなものが目に付いているような感じで、視界がぼやけてしまうのです。

目が痛く、ぼやける

とは言うものの、日頃から目を酷使していますから、いつもの症状が少し酷くなったのかな?と思い、市販されているロートの目薬を付けてごまかしていました。
しかし、一向に良くなる気配がなかったので、眼科に行くことを決めました。

眼科に行くことに

今まで眼科には殆ど行ったことがなかったので、病院に迷いましたが、とりあえず近場に行くことにしました。
視力検査をしたり、持病などを聞かれたりし、診察を受けた結果は「アレルギー性の結膜炎」と言われました。

そして、もらった薬はこちら

ケトチフェン

2週間、1ヶ月、3ヶ月と、しばらく使い続けてみましたが、あまり症状は変わらず良くなる気配がありません。
一般的に早いと1ヶ月くらいで治ってしまう人もいるようなのですが、僕には効果がないのか・・

ここで気付いたんです。

フクロウ
あれ?もしかして潰瘍性大腸炎の合併症に結膜炎ってあったような・・

病院でもらった冊子を確認してみると、やっぱり・・ありました。

潰瘍性大腸炎 全身的に合併症

結膜炎と虹彩炎と書かれています。

虹彩炎とは?

前部ぶどう膜炎の代表的なもので、虹彩および毛様体が炎症を起こし、腫れたり充血したりする病気をいいます。原因はぶどう膜炎で述べたように感染によるものと免疫反応によるものの2つがあり、これらは原因ではなく炎症を起こしている部位につけられた病名です。 症状は、球結膜(白目)の充血、羞明、流涙、眼痛などが現れ、視力低下を招くこともあります。

出典:虹彩炎・毛様体炎(こうさいえん・もうようたいえん) |ボシュロム・ジャパン

どうやら、虹彩の炎症は肉眼ではわかりにくいようで、顕微鏡などで見て確認するようです。
放っておくと緑内障の原因にもなるようなので、注意しなければいけません。

担当医師に確認

潰瘍性大腸炎の合併症で結膜炎?(今となってはわからない)が発症している場合、眼科の先生に聞いてよいものか?と思い、まず、いつもお世話になっている担当医師に確認してみました。

担当医師いわく、目のことは眼科の先生に一度相談したほうが良いとのこと。

なるほど。
ただ、眼科で初回の診察の際に、潰瘍性大腸炎のことは話していたわけだけど・・
どうなんだろう?

そんなこんなで、同じ眼科に行って合併症の疑いがあることを自ら伝えるのか、またはセカンドオピニオンで別の眼科を探すのか、現在検討しているところです。

フクロウ
大きな病院だと大抵紹介状が必要になるから、すぐに行けないのは手間ですよね。

最後に

潰瘍性大腸炎の合併症は様々な症状がありますが、必ずしも合併症で結膜炎になったり、関節炎になったりという判断は難しい気がします。

歳を取るにつれて、関節だって痛くなるし、あちこちガタがきますからね。

担当医師に確認したところ、潰瘍性大腸炎の合併症で眼症状は、少ないようです。
僕は色々と出やすい体質なのかな…
同じような人がいたら、どうやって改善したのかお話を聞いてみたいです。

潰瘍性大腸炎は、寛解状態を維持することが大切とされていますが、薬をずーっと飲み続けなければいけないのは手間も費用もかかってシンドイですね・・

この記事を読んでくださっている方は、僕と同じように潰瘍性大腸炎で悩んでいる方だと思いますが、無理しないよう上手にお付き合いしていきたいものですね。







潰瘍性大腸炎 合併症

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フクロウ

個人事業主(フリーランス)30代のマヌケで身体が弱い男。
主にWEBデザインやECサイトのアドバイザー、集客のお手伝い、ブロガー、マーケターとして活動中。
最近の悩みは昼夜逆転していること。